FXの手数料はスプレッド?

FXの手数料はスプレッド?

株取引に手数料が必要なのと同じようにFXにも手数料にあたるものが存在します。 それが買値と売値の差、いわゆるスプレッドです。 しかし、FXに手数料は存在しないわけではなく、業者によっては手数料を課しているものもあります。

FXにも手数料はある

手数料を課しているFX業者はそれほど多くありません。 手数料の内容もさまざまで、売り買いそれぞれに手数料がかかるもの、片道は無料のもの、取引単位に応じて手数料が上がっていくもの、定額なものまで多種多様です。 さらにFXの特徴として手数料+スプレッドという業者も存在します。 二重取りされそうに感じてしまいますが、手数料があるかわりにスプレッドは極端に狭く設定されていることがほとんどで、この方式は大口のトレーダーに手数料の優遇を与える目的で設置されているものです。 なぜなら、スプレッドのみの場合、取引量が増えるとスプレッド負担もそのまま比例して増えていきます。 しかし、手数料を定額とってあとは狭いスプレッドならば、手数料の増加には歯止めがかかります。 スプレッドのみの口座と手数料+スプレッドの口座の二種類を用意している業者もありますが、取引単位をふたつの口座で比較してみると手数料ありの口座の取引単位はスプレッドのみの口座の10倍から100倍に設定されています。 つまり、FXにおいて手数料ありのシステムは大金を取り扱うトレーダー向けといえます。

FXはスプレッドのみが主流

手数料ありのFX業者があるとはいえ、FXの手数料の主流はスプレッドのみです。 スプレッド形式であれば、トレーダーは取引コストをそのまま損益の計算に含めることができます。 また、業者側にしてもスプレッドはメリットがあります。 取引ごとにお金がかかる手数料の形をとると取引を控えるトレーダー心理がはたらきやすくなります。 手数料がかかるとしたら、ここぞというときしか取引をすることはないでしょう。 スプレッドならそうした心理がはたらきにくいので、よりトレーダーは取引に積極的になり、業者の利益も増えることになります。

口座関係の手数料は無料のところがほとんど

手数料には取引手数料以外のものもあります。 口座開設時の手続手数料や口座を維持するための手数料(年会費のようなもの)がそれにあたります。 しかし、幸いなことにFXでこれらの手数料を徴収する業者はめったにありません。 ほぼ無料だと考えてしまってよいでしょう。つまり、FXの手数料はだいたいスプレッドのみだということになります。
FX基礎知識

特集コラム
ギリシャショックによるFXへの影響
ギリシャショックによるFXへの影響
最近の世界経済に関するニュースでもっともよく取り上げられるの...
パソコンが無くてもOK!FXをスマホだけで始める!
パソコンが無くてもOK!FXをスマホだけで始める!
少し前までFXといえば、パソコンでチャートを眺めているという...
外貨預金とFXの違いは?
外貨預金とFXの違いは?
FXの取引が一般化する前から、外貨に投資する手段として存在し...
バイナリーオプションってどうなの?
バイナリーオプションってどうなの?
バイナリーオプションについて 近年、FXから派生した投資商...
円高・円安ってなんだっけ?
円高・円安ってなんだっけ?
円高・円安について 1ドル=120円から125円に上が...
複数口座を持つ理由
複数口座を持つ理由
FXの熟練者にとって、複数のFX口座を持つことは当たり前のよ...
FXの手数料はスプレッド?
FXの手数料はスプレッド?
FXの手数料はスプレッド? 株取引に手数料が必要なのと同じ...
DMM FXが人気の理由
DMM FXが人気の理由
日本国内のFX業者のなかで比較的後発組でありながら、...
マイナー通貨の特徴
マイナー通貨の特徴
FXでは、米ドルや日本円、ユーロといったメジャー通貨...
FXで借金することってある?
FXで借金することってある?
FX初心者にとっていちばん心配なことは、損失額が資金...
→特集コラムを全てみる
ポイント別FX比較

タイプ別 オススメFX会社
PAGE TOP ↑