複数口座を持つ理由

FXの熟練者にとって、複数のFX口座を持つことは当たり前のようになっています。 扱いが面倒になるように思えますが、彼らが口座を複数開設しているのにはちゃんと理由があります。

不測の事態に備えることができる

FXのリスクのひとつにサーバーエラーがあります。 急激な相場の変動によって注文が殺到すると、業者のサーバーが処理をしきれなくなり、注文が通らなくなってしまうのです。 新規に注文をしたいときはともかくとして、もし決済しなければいけないポジションを持っていると大変です。 そんなとき別の口座を持っていれば、最悪でも反対売買を行うことで両建ての形にして損失をそこで食い止めることが可能です。 こうした不測の事態に備えるため、複数の口座が必要なのです。

破綻リスクを分散できる

FX最大のリスクは利用している業者が破綻してしまうことです。 信託保全が行われている業者を選べば資金は保全されますが、返還までに時間がかかるでしょうし、なによりトレードがその間できなくなります。 そこで複数の口座に資金を分散しておけば、破綻リスクを分散させ、かつ予備の口座でトレードを継続できます。 業者の破綻などという事態は滅多に起こることではありませんが、資金を分散させておくのはFXに限らず投資の大原則でもあります。 信託保全先の金融機関や取引銀行なども被らないように選んでおくと一層安全です。

業者の得意な分野を活用できる

FX業者にはそれぞれ得意な分野があります。 低スプレッドが魅力の業者は普段トレードするには最適ですが、相場が急変動した場合にスプレッドが拡大しやすく、スリップや約定拒否が起こりやすいです。 逆にシステムやサーバーが安定している業者はスプレッドはどうしても高めになります。 そこで、普段は低スプレッドの業者を使い、相場が荒れているときには安定した業者を利用する、といったやり方で、業者の得意分野のいいとこ取りをしてしまえるようになります。

おすすめな口座の組み合わせ方

複数口座を持つとして、問題はどのようなタイプのものを組み合わせるかです。 先ほど述べたように、低スプレッドと高安定の業者を選ぶのは王道の組み合わせだといえます。 また、短期トレードと長期トレードの両方を行うという方ならば、短期は低スプレッドの口座を、長期はスワップポイントの多い業者で取引するというのもアリです。 またスワップポイントの少ない業者にも利用方法があります。 マイナススワップのポジションを長期で持ちたいときは、スワップが少ない業者が有利になります。
FX基礎知識

特集コラム
ギリシャショックによるFXへの影響
ギリシャショックによるFXへの影響
最近の世界経済に関するニュースでもっともよく取り上げられるの...
パソコンが無くてもOK!FXをスマホだけで始める!
パソコンが無くてもOK!FXをスマホだけで始める!
少し前までFXといえば、パソコンでチャートを眺めているという...
外貨預金とFXの違いは?
外貨預金とFXの違いは?
FXの取引が一般化する前から、外貨に投資する手段として存在し...
バイナリーオプションってどうなの?
バイナリーオプションってどうなの?
バイナリーオプションについて 近年、FXから派生した投資商...
円高・円安ってなんだっけ?
円高・円安ってなんだっけ?
円高・円安について 1ドル=120円から125円に上が...
複数口座を持つ理由
複数口座を持つ理由
FXの熟練者にとって、複数のFX口座を持つことは当たり前のよ...
FXの手数料はスプレッド?
FXの手数料はスプレッド?
FXの手数料はスプレッド? 株取引に手数料が必要なのと同じ...
DMM FXが人気の理由
DMM FXが人気の理由
日本国内のFX業者のなかで比較的後発組でありながら、...
マイナー通貨の特徴
マイナー通貨の特徴
FXでは、米ドルや日本円、ユーロといったメジャー通貨...
FXで借金することってある?
FXで借金することってある?
FX初心者にとっていちばん心配なことは、損失額が資金...
→特集コラムを全てみる
ポイント別FX比較

タイプ別 オススメFX会社
PAGE TOP ↑